_yuuu_ko_

=幽子 学业充
安室透绝赞沉迷中
歌词翻译/同人堆放处

#歌词翻译#靴の花火【ヨルシカ】

靴の花火

鞋子的烟花
音楽 ヨルシカ
翻訳 yuuuko

ねぇ ねぇ

喂 喂

何か言おうにも言葉足らずだ

想要说些什么 但话语不足以表达

空いた口が塞がらないから から

因为空着的嘴无法塞满

 

ねぇ ねぇ

喂 喂

黙りこくっても言葉要らずだ

默默不语 也不需要话语来表达

目って物を言うから

因为眼睛能说话

 

忘れていくことは虫が食べ始めた結果だ

渐渐忘记是虫子开始侵蚀的结果

想い出の中じゃいつも笑ってる顔なだけ

在回忆中一直全都是笑颜

 

夕暮れた色 空を飛んで

夕阳的颜色 朝天空飞去

このまま大気さえ飛び出して

就这样连大气层都能冲出

 

真下、次第に小さくなってくのは

竖直向下,逐渐变小的

君の居た街だ

是你所在的街道

 

靴の先に花が咲いた

在鞋子的顶端有花朵绽放

大きな火の花が咲いた

大大的烟花*在绽放

心ごと残して征こう、だなんて憶う

留下心离去吧,如此回忆着

 

そんな夏が見えた

看见了那样的夏天

 

ねぇ ねぇ

喂 喂

君を知ろうにもどっちつかずだ

即使想了解你也只是处于灰色地带

きっと鼻に掛けるから

因为一定会骄傲自大

 

清々することなんて何にもないけど

清正凛然的事情虽然什么也没有

今日も空が綺麗だなぁ

今天的天空却依旧漂亮

 

僕の食べた物 全てがきっと生への対価だ

我说吃下去的食物一定全都是活着的代价

今更な僕はヨダカにさえもなれやしない

如今的我连夜鹰*都成不了

 

朝焼けた色 空を舞って

朝霞的颜色 在空中起舞

何を願うかなんて愚問だ

许了什么愿之类的是愚蠢的问题

 

大人になって忘れていた

成为大人后便忘却了

君を映す目が邪魔だ

能映照出你的这双眼睛很碍事

 

ずっと下で花が鳴った

花在下面一直叫着

大きな火の花が鳴った

大大的烟花在叫着

音だけでも泣いてしまう、だなんて憶う

即使只有声音也能让我哭泣,如此回忆着

 

そんな夏が聞いた

听见了那样的夏天

 

ねぇ ねぇ

喂 喂

空を飛ぼうにも終わり知らずだ

即使飞上天空也不知尽头

きっと君を探してしまうから、から

因为一定会去寻找你

 

夕暮れた色 空を飛んで

夕阳的颜色 朝天空飞去

この星の今さえ抜け出して

如今逃出这颗星球

 

真下、次第に小さくて

竖直向下,逐渐变小

消えたのは君の居た街だ

并消失的是你所在的街道

 

夏の空に花が咲いた

在夏天的天空中有花朵绽放

大きな火の花が咲いた

大大的烟花在绽放

いつまででも泣いていたい、だなんて憶う

无论直到何时都想要哭泣,如此回忆着

 

そんな夏が消えた

那样的夏天消失了

 

*火の花:直译是「火花」,但联系上下文及歌名个人觉得翻译成「烟花」更通。

*ヨダカ:同「よだか」,是宫泽贤治的文章「よだかの星」中夜鹰的名字。

 

转载请标明出处译者及注释

日语初心者,有错误欢迎指出


评论
热度(15)

© _yuuu_ko_ | Powered by LOFTER